not enough

この時代に期待のfunky show

ジャニヲタバトンを拾ってきました。

そういえば「バトン」って、中学生の時にJUGEMとか(まわりに利用者は全くいなかったが)高校生の時はデコログとかでブログ書いてたときにやってたなあ。と思い出し、適当にブログを歩き回っていたら私も書きたいな~ってなっちゃったので適当に拾ったものを自己紹介がてら使いたいと思います。

 

 

 

【名前】
むめい
お察しの通り、「無名」です。Twitterや他のSNSはリアルなあだ名でやってるんですが、はてブはなんとなく身バレが嫌なので(笑)、あえて「無名」にしました。

 

 

【今の担当は?(複数可)(推しでもどうぞ!)】
一応、知念侑李です。
「一応」というのは現在の本業はほぼK-POPなので、担当と言っていいものなのか迷いどころであること。でも1番好きなジャニーズが知念くんであるのは間違いないです。
知念担全盛期(私史上)に常々感じていた「知念担を辞める時はおたくを辞める時だ」「これが最後の担当だ」という謎の確信は今でもなんとなく残っていて、おそらく私がおたくである以上知念担です。

 

好きなところは、語り出すと止まらなくなるので、というかここは先が長いので割愛します。どうしてもひとつあげろと言われれば、全力でアイドルなところです。


ちなみに推しはメチャクソいます。かなりいます。

最近友達の間で(私が推しているという意味で)定着してきたのは、藤原丈一郎ですね。じょうくんの名前見たら私の名前を思い浮かべてくれる友達がたくさんいて、ジャニフワのときめっちゃ連絡きた。じょうくん博多座行くよ!って。

 

 

【いつからジャニヲタ?(きっかけも是非)】
「ジャニヲタ」という認識は、おそらく12歳・小学6年生の時だと思います。
ごく出(極出)という言葉は私と同世代のおたくなら必ず知っているかと思いますが、私は所謂それでした。
要するに、仁亀が出演したごくせんがきっかけということ。しかし当時「ごく出」は非常に嫌われていまして、「ごく出は一生新規」という言葉もあったように記憶しております。今ではネタとして使える話ですが、当時のSNSをジャニヲタとして生きる上ではタブーだったことはたしかです。
しかし私がずれていたのは、そのまま仁亀(ちなみにごくせんが流行ったのは私が小4の頃と記憶)やKAT-TUNに流れることなく関ジャニ∞に移ったということ。エイトに落ちたきっかけは当時ハマっていたSNSCURURU」(知っている人いるのかな?)で、たまたま見つけた関ジャニ∞横山裕の存在でした。正確な時期は覚えていませんが、内くんの騒動でCDどうなるんだろう?と思った記憶があるので、少なくとも2004年からは彼らを認識していて、本格的に好きになったのが2005年頃からだろうと思います。

 

 

【担当遍歴】
ジャニーズとして最初に好きになったのはV6・森田剛くんです。
多分ティガの時(TAKE ME HIGHER)だと思うので、96年。当時私は3歳ですね!マセガキ!お母さんに「なんでこんな猿が好きなの?」って不思議そうにされていたことは覚えている。
その次が、嵐・大野智です。
これははっきりと覚えています。センター分けで微妙にロン毛の大野さんが好きだと言っていました。剛くんもそうなんだけど当時私はロン毛が好きだったんじゃないかと。嵐のデビューが1999年なので当時6歳。やはり子供にしてはズレた感性だったのか(失礼)、それともこの頃から見る目があったと言うべきか…(自画自賛)。
この二人に関しては幼稚園児の「カッコいい!」という好きですから、担当とは呼ばない域です。

 

本格的に自担となるのは、2006年から。関ジャニ∞横山裕です。
好きになったのは小6でしたが、残念ながらまわりには一人も同類がおらず、中学入学とともに私の中でも熱が自然消滅。しばらくはたまに画像を調べたりする程度でしたが、中1の冬に今の相方(当時ジャニヲタ界隈では「相方」「相棒」などの所謂「身内」が大流行してました)に出会い、環境は一変。今に至ります。

そして、その相方によってもたらされる当時ジャニーズJr.・知念侑李という存在です。運命の出会い!人生の転機!当時13歳!
相方は出会った当時大倉担でしたが、山田涼介というジュニアが好きでした。私は関東のジュニアを全く知らなかったので、山田のことも当然知らず。山田涼介を教えるという名目で切り抜きを見せられた時、隣にいるこの子可愛い!となったのが知念くんでした。その後一足先に相方は山田に担降り。私は1年弱横山裕と知念くんの所謂掛け持ちをしていましたが、結局知念担になり横山さんは神担(これも流行った)となりました。
そこからは自担と呼べるものは知念くんだけです。が、途中当時ジュニアの小瀧望との出会い、西本京平くん(元ジュ)との出会い、そして中島健人の誘惑、と紆余曲折ありますが、知念くんという存在は結局のところ揺るがず私の頂点に君臨しております。

 


【好きなシンメorコンビ(への思いも是非)】
私が好きなコンビはほぼシンメではないので、基本隣に並んでいて私がオイシイという組み合わせです。

 

ちねもり(知念侑李と森本龍太郎
当時から仲間が少なすぎましたが、私の永遠のオンリーワンカップルです。今後どんなに願ってもエピソードや並んだ写真は増えることはないけど、きっとこの二人を超える組み合わせに私は出会えません。語り出すと論文一本書けるので黙ります。前のエントリーにも書いたけど、Myojoの対談企画でちねもりだけ実現されなかったことを本当に永遠に根に持つ。大げさじゃなく一生根に持つ。

 

夫婦(横山裕村上信五
櫻葉(櫻井翔相葉雅紀
ツインタワー(藤井流星小瀧望
ふまけん(菊池風磨中島健人
藤原丈一郎大橋和也
…書きだすとまだまだあってそれぞれに深い思い入れがありすぎるのでここらへんで止めておきます。

 

 

【1番心に残ってる現場】
全国へJUMPツアー2013 inマリンメッセ福岡(2013/8/11)
こんなに楽しくてこんなに記憶に残った公演は後にも先にもこの日の2部以外にありません。内容について詳しく書くとCroozブログみたいになるので割愛します。

 

 

【初めて行った現場】
KANJANI∞ LIVE TOUR 2008 ∞だよ!全員集合 夏だ!ツアーだ!!ワッハッハー!!! inマリンメッセ福岡(2008/8)
中3の夏、生まれて初めて関ジャニ∞に会いに行きました。実はエイトの現場、ここから抜けなしで全部参加しております(8EST以降はドーム公演のみ。十祭・リサイタルは倍率が怖くて干した)。

 

 

【最近行った現場】
ジャニものだと、一番最近は関ジャニ'sエイターテインメント in福岡ヤフオク!ドーム(2017/1/3)
前日まで5日間韓国に居て、翌4日に仕事始めというハードっぷり。でも行けば損させないのがエイトだなあとつくづく思います。

 

 

【次行く現場】
関ジャニ‘sエイターテインメント ジャム in福岡ヤフオク!ドーム(2017/9/10-11)
Endless SHOCK in博多座(2017/10)

エイト行く気なかったんだけど母親がチケット余らせたから行かざるを得なくなった。と言いつつ今回のアルバム聞いて行く一択だな!って。でも当日はまとくんの団扇持ってそうな自分(頭を抱える)。

SHOCKは4年ぶり2回目!全然お金ないけど楽しみ!(大丈夫か)なにより松倉海斗。私の弟(という設定)。正直海ちゃん及び松松しか見ない自信ある。

 

 

【記憶に残ってるファンサ】
ありすぎて選べない(>_<)とかほざいてみました。嘘です。
たしかに主に知念くんにははっぴ~さま~に何度もしていただいてるし丈くんや小瀧にもはっぴ~うぃんた~もらいましたしはっぴ~すぷりんぐの年もありました。
が!一番はやはり初めて知念くんにもらった明らかな個人宛ファンサですかね…今でもあの瞬間の映像は容易く脳内再生可能…あああああ(号泣)

 

 

【好きな曲TOP3(理由もあればどうぞ!)】
好きなグループが多い私ですからTOP3にするのは難しいので好きな曲を渋々3曲に絞りました。本当はもっとあります!あと下に「好きな振り付け」っていうジャンルがあるのでダンスで好きな曲を除きました。

 

All of me for you(関ジャニ∞
なぜ好きかと問われれば説明は難しいのですが、なぜか聞いた当初からずっと好きです。エイトの曲はたくさん名曲があるし好きな曲もたくさんありますが、ひとつと言われるといつもこれを選んでしまいます。基本的にマイナーコードな曲が好きなんだけど、これは本当にドツボ。暗いの、めっちゃ暗いんだけど。でも好きがすぎる。
特に好きな部分は2番Aメロの内くんパート「2人いて1つの細胞が」の「細胞が」です(細かい)。あとは大サビの後ろで聞こえる渋谷のフェイクです(細かい)。

 

Your seed(Hey!Say!JUMP)

私のJUMP担の友達に、私がJUMPの曲で何が好きかという質問をしたら百発百中全員正解すると思う。それくらい好きです。好きすぎてなんで好きかわかんないくらい好き。なぜかと言われても説明できないこの気持ち。何が好きって、全部好き(語彙力の欠如)。

 

 

キャラメル・ソング(嵐)
私のiPod再生率永遠の1位もはや殿堂入りのこの曲。知念担ならみんなそんなもんなのかなと思ってましたが特に共感を得た記憶はありません。どこかのなにか(適当)で知念くんが好きだと言ってから、狂ったように聞きました。その後雑誌でアオペダが好きとか言ってたから当時の知念くんはそんなに思い入れがなかったのかもしれないけど私にとっては大事な曲になりました。歌詞もメロディーも可愛くて、あえてこの曲を選んだ知念くんってガチじゃんって思いました。

 

 

【好きな振り付けTOP3(好きポイントも…!)】
ダンス厨の私にとっては何万とある曲の中で3つに絞るのは本当に断腸の思いなんですがなんとか絞りました。
ちなみにYour seedもランクインしてるんですが上で挙げたので除外します。

 

 

BEAT LINE(Hey!Say!JUMP)
もう今更語るのも億劫なくらい長くなるので割愛。とにかく最高としか言いようがない。この間久しぶりに動画で見て泣いた。

ポイントは、「情熱がJumping」の「情熱が」の部分で、うぃっしゅが前に出たみたいな手をして「ねつ」の部分の音ハメで2回ヒット打つんだけど、そこが好きすぎて毎回5万リピートくらいする。

 

Crazy Moon~キミ・ハ・ムテキ~(嵐)
嵐のダンスは基本がLockだからめちゃくちゃ難易度が高い(と思うのは私がロックできないからってだけかもしれない)。そしてこの曲はたしか屋良くんの振り付けということもありさらに難しそう。だがしかしこの曲は本当にかっこよくて、どうしても覚えたくて当時PV死ぬほど見ました。出だしのJがしょっぱなからかっこよさをダダ漏れさせている。でもそれが始まる!って感じがして、嵐!って感じがする。そこが好き。嵐は5人ともダンスのクセが強くて、それでいて5人ともそのクセを直さない。相葉さんなんかスーパー早取りマンなので(※早取り…拍を取るのが早いこと)一人ズレて見えるとこも多々あるし、正直ほぼそろっていない。がしかし「嵐」として踊るとあら不思議、その違和感さえ個性であり「嵐」としてのスタイルであるように見えてしまう。あくまでこれは私の個人的感想ですが、そういうところが嵐のスターたる所以だと思っております。

 

Sakura(嵐)
めちゃくちゃハードというわけでもなく、めちゃくちゃ特徴的というわけでもありませんが、本当に個人的にただ好きなだけです。タット(手の細かい動き)っぽい部分も好きですが、個人的ポイントは、1番サビで説明すると「またどこかで生まれてく」の部分、「未来へ」の部分、「この心に響け」の「心に」の部分です。言葉でここの動きを説明するのが非常に難しいので(笑)、ぜひ動画でご確認ください。

意外と嵐ってフリがかっこいい曲が多いのにダンスが前面に出てるグループでもないからそんなに注目されないのが悲しい。大野さんがつけたとき以外にももっと注目されていいと思うんだけどなあ。この他にもLove Situation、Breathless、P・A・R・A・D・O・X、二宮さんのまた今日と同じ明日が来る、などなど。嵐はバラードもダンスナンバーも名曲が本当に多い。曲に恵まれとるなあとつくづく思う。

 

 

【自分がJrになれたらバックにつきたい曲(複数可)】
硝子の少年・Kissからはじまるミステリー・愛されるより愛したい(KinKiKids)
生まれ変わったらジャニーズJr.になりたいが口癖の私ですが、この3曲は必ず踊ります(断言)。
特にKissミスは大好きすぎてイントロだけで鳥肌が立ちます。ダーダダッダッダッダッダッダダッダーダダッダッダッダッダッダダッっていうアレ。歌詞が好きすぎるから絶対口ずさみながら踊る自信ある。松倉くらい全力で口パクする。この曲だけはフリが云々とかじゃなく曲が好き。

 

Give me…(北山宏光ソロ)
これも大好きな曲。そもそも本家を初めて少クラで見て惚れて、当時のバイトの先輩にCDを借りた記憶があります。
曲はもちろんなんですが、そのとき一番気になったのはみつの後ろで踊る寺西…ダンスが好みすぎて目が離せなくてそのあとてらぴのダンス見るためにめちゃくちゃリピートしたなあ。生まれ変わったらてらぴとシンメにしてもらえる実力と身長を持ったジュニアになります。

踊りたい曲はたくさんあるのに、いかんせんほとんどバックをつけない曲(JUMPとかエイト)…

 

あとやっぱキャンゴーとリアデラはしとかなきゃJr.として一人前とは言えないよね。もちろん踊るよね。

 

 

【1番好きなペンライト】
私が持ってる中で一番可愛いと思うのは関ジャニズムのタンバリンかな。
エイトのペンライトはJUKEBOXあたりから突然可愛さが増した。安っぽくなくなった。タンバリンかよって思ってたけど持ちやすいし振りやすいし色可愛いしで実はかなり優秀。

 

 

【1番好きな衣装】
あ~これも大変迷う…JUMPなら、BESTが黒で7が青、BESTはロングで7はショートのジャケット、手首にファーがついてるアレ(語彙力)。今はハイハイらへんに下りてる気がします…?あれで当時の7はワントレ歌ってた気がする。

あと総スパン衣装大好き芸人。白Tに水色の総スパンのベスト、パンツで肩にあの王子様的なひらひらがついてるやつ(伝われ)とか、全国へ〜のときのシャドボ〜ゆあしどのときのパープル総スパンスーツ。知念くんのジャケットの丈感が好き。ほんのちょっと長くて余裕があるからターンとかすると裾がひらってなる。そこがいい。
エイトさんは、最初のカウコンの時のヒョウ柄衣装。安田くんがサルエルのやつ。

 

 

【よく買う雑誌】
中学のときは3誌毎月買ってたな…今も全部残ってるけどよく考えたら月3冊は非常にお金の無駄だった。
お気に入りはWinkUpでした。最近はファッション誌含めほとんど雑誌を買いません。が、大野さんと知念くんの対談が載ってたノンノは買った。さすがに買った。

 

 

【この映像は見て欲しい!というオススメ】
「映像」というくくりが広すぎて…DVDなのか、バラエティーなのか、歌番組なのか、ドラマなのか…パフォーマンスとか言いだしたらきりないから、単純に見てほしいのは関パニ。最近だとクロニクルのト書きとか英会話とかみんな面白がって見てるけど、絶対関パニが最強だと思う。知らない人は、騙されたと思ってU字の水槽で検索してほしい。責任は取りません。


一番好きなDVDは関ジャニ∞spirits!!」だけも、これは彼らの初大阪城ホール公演という今じゃ考えられないクオリティーのコンサート映像なので、今のエイトが好きな人には物足りないし面白くないのかもしれません。が、私は初めて買ったDVDがこれだったというのもあり、MCの内容を覚えるほど見ました。あだ名のくだり最高。レッツファイトしてぇのマルの顔が好き。
もうひとつ擦り切れるほど見たのは少年たち(2010)の松竹座の方。本編もさることながらSHOW TIMEの豪華さと言ったらもう…今考えても確実に最高ランクでしょう。もう2度と揃うことのないあのメンバーが、この時期の関西ジャニーズジュニアが一番好きでした。

 

 

【ジャニヲタになる前の趣味は?】
これといってなし。
BUMPが好きな時期もあったけどそこまでハマらず流行りに乗っただけ。二次元にもハマらず、ザイル系にもハマらず、ジャニーズに落ち着きました。そもそもジャニヲタになったのが中学生だし、小学生で趣味なんてものこれといって存在しないよね…あ、黄金期のモーニング娘。はもちろん大好きでした(吉澤ひとみ大好き芸人)。

 

 

【最近気になっている子】
海ちゃん丈くん以降ジュニアに追いつかなくなったので最近のジュニアは全くわかりませんが、いつかの少クラで見たとき松井奏くんが気になりました(そもそもまだいます?)。口元に知念くんみを感じないこともないな…と思って今改めて検索したらそうでもなかった。けどたじ~(もはや懐かしい)やれあたんと同じ匂いがします、外見だけで判断してますが。あとみじゅきや涼くんと踊ってる子ですごくダンスが上手いなって思った子がこの前いたんだけど、多分今見てもどの子か思い出せません(ババアしっかり)。

 

 

【最後に一言!】
何度でもいいます。来世はジャニーズジュニアになります。