not enough

この時代に期待のfunky show

おめでとう、13歳と、36歳。

 


まずは、関ジャニ∞さん13周年おめでとうございます。

この13年関ジャニ∞関ジャニ∞でいてくれたから、何度も助けられて何度も前に進むことができました。ありがとう。エイトがくれる言葉や音楽は間違いなく私の人生を救い、彩り、豊かにしてくれました。そしてこれからもきっとそうだと思います。あの時横山さんの「俺らに一生ついてこいよ!」という言葉を聞いてから、私の世界は変わりました。関ジャニ∞なしでは私の青春時代は語れない。まさに、青春のすべて。大袈裟な話でなく、エイトがいなければ今の私はいません、いろんな意味で。エイトがいなければ相方にも出会わず、相方に出会わなければ本格的にジャニヲタになることにもならず、知念くんにも出会わず、知念くんに出会わなければ出会わなかった友達がたくさんいます。そして、関ジャニ∞を好きにならなければ、じょうくんや関ジュに気付くのがもっと遅かったことでしょう。本当に全ての根源です、良くも悪くも。
年を重ねるごとに大きく、新しくなっていく関ジャニ∞にこれからも一生ついていきます。(だからたまにはまた「俺らに一生ついてこいよ!」って言っていいんだよ横山さん)

 

そして、渋谷すばるさん36歳のお誕生日おめでとうございます。

最近すっかり丸くなって、たくさん笑うようになってくれて嬉しいです。でも悲しい顔をして尖った声で歌う渋谷さんも私は好きです。ONEとか群青涙を歌ってた頃からは「あ」とか想像もできなかったなぁ。だからそんなすばるくんが歌う「記憶」はまたさらに胸にくるものがあったというか…ソロコンで聞いた「記憶」とオモイダマは本当に涙が止まらなかった。好き嫌い別れる癖のある声と歌い方だけど、私は大好きです。すばるくんは歌姫です。いろんな経験をしていろんな気持ちを味わった渋谷さんの紡ぐ詞や音、声、表情、全部が大事です。
夫婦を微笑ましく見守っている顔が好きです。やたらと絡ませたがるところが好きです。そしてありがとうございます(夫婦信仰)。もはや気まずくない亮ともキングオブ男で絡むたび笑っちゃうところとか、マルに迫られて本気で引いてる顔しながらも受け入れてるところとか、安田くんとは多分運命共同体なんだろうなってところとか(個人的見解)、…大倉と絡みなさすぎて全然思いつかん。そんな渋谷さんがみんなに愛されて、みんなに支えられて真ん中で声を張り上げているところを見ると安心します。ああ関ジャニ∞にいてくれてよかったなぁって。6人の真ん中で渋谷さんの全部を惜しみなく発散して、届けようとしてくれるところが好きです。いくつになってもそんな渋谷さんにエイトの真ん中で笑っていてほしいなあと思います。

 

本当に本当に関ジャニ∞は私の青春のすべてで、ど真ん中だから、エモくならざるを得ない…そんなさむいエイターですがこれからもそんなエイトについていこうと思います。