not enough

この時代に期待のfunky show

私も好きなイントロ5選したい。

 

前回の「同担拒否」のエントリーが過去1のスターでビックリしました。同じように考えてる人がそんだけいるんだと思って自称マイノリティーオタクは嬉しい限りです。この際みなさんお友達になりましょう!!!ってことで感想でもこんな妄想してくださいでも自由に送ってください↓↓

おだいばこ

 

 

ってことでします。

「くそやべぇイントロ」というのを列挙されている方のブログを拝見して、これ私もある!!!と思ってやってみたら、脳内でそのイントロ再生するだけでマジで興奮するんでみなさんもやってみるべきです。

 


Kissからはじまるミステリー(KinKiKids)

圧倒的1位。断トツ。向かうところ敵なし。(全て私内の当社比)山下達郎マジ天才。ヤバイの極み。(語彙力)

なんかもう、高まる以外の言葉で表すのが難しい。ダーダダッダッダッダッダッダダッダーダダッダッダッダッダッダダっていう音がもうヤバイ。これ読むだけでキスミス始まるくない?流れ出すくない?この感動を伝えたいのにいい例えが見つからない。今時の若者はどんな時でもヤバイって言うからバカにされがちだけど、この場合多方面にヤバイからヤバイという言葉で集約するほかない。なんとなく古い感じがするのに今聞いてもスッと入ってくる音、それでいて懐かしい気持ちにさせる長めの尺。なんせ作ったのはかの有名な山下達郎。流行のチープなトレンディードラマのクライマックスに良いタイミングで流れてきそうなイントロのくせに、本人が主演の漫画実写化推理サスペンスドラマの主題歌っていう意外性。イッツパーフェクト!!!!!むしろこのイントロに興奮しないジャニヲタがいますか。いや、いない。歌詞の素晴らしさについても5万字で語れそうだけど今日はイントロの話なので割愛。


MUSIC FOR THE PEOPLE(V6)

どう考えても好きでしょ!!!ドゥクドゥクドゥクドゥク……という静かな始まり、そしてデン!!!(仁王立ち)デケデケデケデン!!!テッテーッテーッテ…という流れ。最and高。最of強。戦隊もの感はんぱない。このデケデケデケデン!の音はどう考えても古い、懐かしい音って感じなんだけどそれがいいんだよな~~~!!!この曲ってサビの音低いしめちゃくちゃ盛りあがる音でもないからなにげにイントロが一番インパクトあると思うんだよね。曲の最後にも(転調させて)使ってるし、それだけこの曲の印象的なリズムと音なんじゃないかなぁと思いますね。


夏の名前(嵐)

Stillといい勝負なんだよな…けどよりシンプルで爽やかさを感じるのは私的にはこっちかな。この曲聞くといつも頭の中に、突き抜ける青空の端っこに小さく入道雲が見えて背の高い建物は何もない緑色の芝生が光る川沿いの土手に茶色いトランクを持った白いワンピースの女の子が白くて広いつばの麦わら帽子を風に飛ばされないように押さえている、っていう情景が一瞬で浮かび上がるんだよな(クソ細かい)。どんどん音が高くなって盛りあがったところに、歌詞の通り風が吹いたかのようにすっと流れ込んでくる大野さんの澄んだ歌声がまた夏らしくていい。夏だぜ!!!っていうギラギラした暑い(熱い)サマーソングが多いけど、嵐のサマーソングって比較的涼しい爽やかな雰囲気だから好き(ラブレ、風見鶏、それこそStillとか)。


P・A・R・A・D・O・X(嵐)

このブログでのこの曲の登場頻度ね。今後も多分多い。それだけこの曲のあらゆる部分が好きということです!!!イントロも例外なく。特に変わっているわけでもなく、リード曲に相応しい比較的スタンダードな盛り上がりそう感を醸すイントロ。ドゥーン!ドゥーン!ドゥーン!ドゥーン!と1音ずつ昇り最高に盛り上げていきつつの、最高音でのイェーーーーーーー!!!!!ぐうの音も出ません。たとえテンプレな盛り上げ方だろうと気分の高揚には逆らえない。(ジャニヲタとしての)本能的なものなのか、歌詞の通り血が騒ぐ感じ。その先の最高っぷりを知っているが故の期待値の高まりもあるんだけど、初見(初聞?)のときすでに「あ、これ絶対好きなやつ」という直感を与えたイントロです。今から最高のショータイムが始まる!って感じがしてめっちゃワクワクする。これがあったからLOVEのアルバムがここ最近の嵐のアルバムで一番気に入ってる(全体を通すとARASHICKかドリアラが優勝候補でいい勝負)。


Teleportation(中島健人

これも曲が好きなだけだろって感じなんですけど本当にこのイントロの音が好きで好きで、0.5秒で私の心を震わせる唯一の音だと思う。ただマジで0.5秒くらいしかないのでイントロと呼べるのかは謎です。けどイントロドンでこの音が聞こえたら恐らく古謝那伊留より早くマイクもぎとる自信があります!!!!!距離+五体投地のハンデ背負っても勝てる自信ある!!!
たった0.5秒、一瞬、ドゥドゥドゥーンって鳴るだけ。本当にそれだけなんですけど、そのドゥドゥドゥーンがあるだけで全然違う。この音がなくて唐突に歌から始めることもできたはずなんだけど、あえて入れたんだと私は思ってます。かの有名な「ラブストーリーは突然に」のイントロにもチュクチュチューンっていうギターの音があると思うんですけど、あれと同じような効果だと思うんですよね。関ジャムか何かで言ってたような気がしなくもないんですけど、あの音で恋に落ちた衝撃のようなものを表していると思うんですね。タイトルの通りに。テレポのコレも同じで、この音があることで中島健人が今ここへテレポートしてきたかのような衝撃があると思いませんか???(思いません)ドゥクドゥドゥーンの瞬間に\バーーン!!!/って健人が登場する感じ。なんならこの音と同時にポップアップで登場してほしいくらい。でもあれで登場すると着地するまでに1秒以上は必要な気がするから、音と同時に出てくると歌い出し間に合わないんだよな…っていう無駄な妄想と心配するくらいにはその光景を想像したことがあります。だからせいぜい光り一つない暗転の中から音と同時にピンスポがパーーーンッ!!!てな感じでいかがでしょう。すでにどっかでやってそうだけど。

 

 

っあーーーー興奮した!!!(スッキリ)イントロで直感的に好きって思ったものって結局その曲全部好きだから、やっぱりイントロって大事だ。あ~~~ジャニヲタによるジャニヲタのためのジャニソンイントロドンしてえな~~~!!!